スポンサーサイト
    カテゴリ: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    編集 / --.--.-- / コメント: - / PageTop↑
    玉鋼の育成入門 その7 【シングル戦 メンバー選択】
    カテゴリ: 玉鋼の育成論入門 / テーマ: ポケモン / ジャンル: ゲーム
    tamahagane.png
    育成の方法は前回で一通り終わっちゃったからね
    次は 実際の試合でどういう風にメンバーを選ぶか
    人それぞれだし絶対的な正解っていうのは存在しないんだけど
    僕達なりの基本的な考え方を説明してみるよ


    wataame2.jpg
    今回はシングルバトルに限った話ですわね
    ワタクシ達はシングル戦以外に知見がありませんもの

    tamahagane.png
    お互いに用意した6匹のパーティからそれぞれ3匹を選び出す段階だね
    既にバトルが始まっていると言っても過言ではない程
    勝敗を左右する大事な作業だよ

    wataame6r.jpg
    しかし 実際には皆さん どうやってメンバーを選んでいるのでしょう?
    やはりタイプ相性なのでしょうか? 炎には水 水には草 草には炎…
    案外直感頼みで選んでいる方もいそうですけども

    tamahagane.png
    確かに タイプ相性はとても大事だよ
    何たって攻撃技のダメージが2倍になるからね
    逆に 相手の攻撃を半減できるタイプをこちらから出すのも有効かも
    ただ… あくまで それだけ
    それ以上でもそれ以下でもないんだ

    wataame6r.jpg
    ? といいますと?

    tamahagane.png
    大事なのは 相手を倒せるかどうか だよ
    例えば… 水・飛行タイプのギャラドス VS 炎タイプのギャロップ
    さぁどっちが勝つでしょう?

    wataame2.jpg
    …タイプ相性では明らかにギャラドスが有利ですわ
    しかし これは… ギャロップの方は素早さは高いですし…

    tamahagane.png
    そう しかもギャロップは強力な電気ワザ ワイルドボルトを使える
    実際にはどんな道具を持ってるかっていう要素もあるんだけど
    タイプ相性が有利だからって ギャラドスが勝つとも限らないんだ

    wataame1.jpg
    そもそもタイプ相性で勝負が決まるというのであれば
    ワタクシ達は1勝もできませんものね

    tamahagane.png
    そういう事だね
    というワケで最初の問題に戻ろう
    6匹から3匹を選び出す その根拠と考え方は何なのか?
    このへんはトレーナーの数だけ考え方があると思うんだけど
    僕達はポケモンを種族値ごとの役割に振り分けて考えているよ

    wataame2.jpg
    種族値といいますと…
    例えば AとSが高ければ物理アタッカー という感じですわね

    tamahagane.png
    そういう事
    Aが高ければ物理アタッカーCが高ければ特殊アタッカー
    その中でもSが高いHBDが高いか速攻アタッカー重火力アタッカーに分けられる
    一方でHBが高ければ物理受け HDが高ければ特殊受け
    HBDが全部高いとかHが極端に高いとかだと両受けもありえる
    さらに特殊な場合で
    ACSが全部高いと物理アタッカーでもあり特殊アタッカーでもある両刀型
    またこれらに全くあてはまらないサポート型 とか 挙げていけばキリがないんだ

    wataame3r.jpg
    ええと ええと 数が多すぎて…

    tamahagane.png
    コトバはどうでもいいよ 実際にこの2匹が戦ってみたら? って考えてみればいい
    たとえば 特殊受けのカビゴンと速攻特殊アタッカーのサンダース
    この2匹が戦ったら たぶんカビゴンが勝つでしょ?
    だってサンダースの攻撃 あんまり効かないもん

    wataame2.jpg
    場合によっては逆転もありえますけども…
    まぁ おおよその場合はカビゴンが有利ですわね

    tamahagane.png
    こんな感じで メンバーの選抜はタイプ相性だけでは考えられないんだ
    しかも 今は種族値で相手ポケモンの型を考える って言ったけど
    AよりCが高いのに物理アタッカーとか BよりDが高いのに物理受けとか
    裏を突いた育成をしてくる場合だってある
    さらにこだわりスカーフとか気合のタスキとかの道具の可能性まで含めると
    とてもじゃないけど試合開始前から全てを読むのは不可能だね

    wataame7r.jpg
    不可能…
    でも それで全て諦めてしまうのはもったいなくはないですか?

    tamahagane6.png
    その通り!
    全部は無理でも一部を読み取るくらいは可能なんだ
    その読み取れる幅を増やすのは
    経験 知識 そしてヒラメキと直感だね
    試合をこなす内にトレーナー自身が成長しないといけない部分は
    やっぱりどうしても残っちゃうよ
    ただ だからこそ 上手く相手に読み勝てると気持ちいいんだ

    wataame2.jpg
    しかし 今回は概念的な話で終わってしまいましたわ…
    次回で一度具体例を挟んだほうがいいかもしれませんわね

    まとめ
    ・タイプ相性だけでは勝敗は決まらない
    ・自分と相手の種族値を常に念頭に入れるべし(特にS)
    ・身体で覚えないといけない部分もある
    スポンサーサイト
    編集 / 2010.11.18 / コメント: 4 / PageTop↑
    コメント
     
    Title
     
     
     
     
     
     
    Secret 


    Pagetop↑
    プロフィール

    @ふしゅ

    管理人:@ふしゅ
    ニコ動でバトレボの動画をアップロードしてます。
    【皆様のコメで育つ鳥パーティ】
    鳥が大好物。将来の夢はコノハズクを飼う事です。
    Wフレコ:2494-4396-7038@ふしゅ
    ついったー:Fushu_
    インタビュアーズ:rinda026


    現在年度末にむけてがんばってます。

    ブロとも申請フォーム
    検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。